最新テクノロジーの提供・教育

誰でもソフトウェアが作れる時代になってきましたが、機械学習に代表されるようなインテリジェントな機能は高度な数学的知識などの専門性が要求されます。当社が保有する、このような高度なソフトウェア技術をクライアント企業の中に蓄積してもらうため、その場限りではない技術提供、人材育成や教育サポートを行います。

 

スクレイピング

スクレイピングとは、WEBサイトから必要な情報を自動的に取得する技術のことです。 この技術は非常に多くのビジネスプロセスを自動化することを可能にします。

例えば、株式投資を行っている会社では、朝一に海外市場のデータを収集することから始まります。 日本市場が開く前にヨーロッパ株式市場、アメリカ株式市場のデータをあるサイトから入手し、次に銀行のWEBサイトから金利データや為替情報を入手し、それらのデータをExcelでつなぎ合わせる ことで投資マネーの管理を行っています。 これらの作業は特に金融マンでもなく、誰でもできる仕事ですが、実際にはこの作業のために時間を取られていることが多いのです。

当社はスクレイピングにより多くのビジネスプロセスを自動化してきました。 Excelのみを使ったプログラミングでも、クラウドを利用したプログラムでも作成可能です。
毎日のルーチン的な情報収集作業がある場合は、スクレイピングをぜひご検討下さい。

 

オートメーション

オートメーションとは、Windowsアプリケーションの自動操作のことを指します。 複数のWindowsアプリケーションを使って処理を行う場合、キーボードやマウスを使って操作する必要があり、人間が操作をするしかないことが多々あります。

ある製造業のクライアントでは、CADソフトで図面を読み込み、データを別のフォーマットに変換して保存。保存されたデータを 別のソフトで読み込みNCデータに変換する。このような場合、マウスやキーボードで操作するため人間が処理せざるを得ず、時間とコストがかかっていました。

しかし、Windowsオートメーションを使えば、複数のアプリケーション操作を自動化でき、 人間の操作をそのまま自動化できます。また、画面上のデータを見ながら処理を分岐することもできるので、完全に人間の操作を自動化することができ、コスト削減をしつつ処理の速度と正確性を格段に高めることができます。

 

並列計算

並列計算は、複数のコンピュータを使って大規模データ処理を並行処理することで、 実行時間を大幅に短縮する技術のことです。AmazonやGoogleのクラウド環境を使えば、例えば100台のコンピュータに並列処理させることで、実行時間を理論上1/100に短縮することが できることになります。

例えば数千人の給与計算を行う場合、ひとつのサーバで処理を行えば一人あたり1秒で処理が終わっても 数千秒の時間がかかります。しかし、100台同時に並行処理をすることで、わずか数十秒で処理を完了できます。シミュレーションや分析時にリアルタイムで集計処理をしたい場合は必須の技術と言えます。

 

ジオコーディング

ジオコーディングとは、GoogleMapに代表されるように2次元の地図情報に独自の情報を詰め込むことで 視覚的に分かりやすい表現が可能となる技術です。

あまり使い道がないと思われるかもしれませんが、実はほとんど全ての企業で利用可能な技術です。 例えば、部署ごとの社員の机の位置をExcelで図面にし印刷したりしていませんか?席が変わるたびに更新が必要となりますし、検索もできず、WEBページと繋がっているわけでもない ので、このままでは使い勝手がよくありません。

このような場合にGoogleMapを使って、座席表のマップを作ったり、在庫ヤードのマップを作ることができ、 GoogleMapと同様に検索ができ、ピンを立て、関連情報を表示させることも可能になります。在庫の棚管理、社員の座席管理に利用したり、展示会などのイベントでブースの検索サイトを容易に 構築したりすることが可能です。

 

機械学習

機械学習とは最近の流行り言葉ですが、最も業務で使われるのはパターン認識だと思います。 文字通り機械が人間のようにパターンを学習し、あるものは正解、あるものは不正解、と分類することを指します。例えば、製品の品質チェックにおいて、傷を検出したり、形状が異常なものを検出する 場合に使われているものが有名です。

機械学習は包括的な言葉で、実際の技術としてはニューラルネット、遺伝的アルゴリズム、サポートベクターマシン などがよく利用されています。当社は機械学習を使って、タブレットやスマートホンに手書きで書いた文字の認識を手がけています。手書きの数字、ひらがな・カタカナ、アルファベット、漢字まで対応しており、 キーボードに変わる手書きの入力インターフェースとして今後様々な応用が考えられています。

 

統計解析

当社では、R言語による統計処理を得意としています。通常の統計処理だけでなく、多変量解析、時系列データ解析、 ニューラルネットを使った非線形データ解析も得意としています。

統計解析が必要な業務といえば、金融系と製造業が主な業種です。金融系は時々刻々と変わる時系列データ を処理する必要があり、時系列解析の知識だけでなく金融や投資に関する知識も必要とするため、対応できるエンジニアは限られています。当社はこのような分野の知識を持ったエンジニアを社内で育成しているため 金融の高度なシステム作成も可能です。

また、製造業ではシックスシグマのようなデータを元にした品質管理が主流となっており、 統計の知識だけではなく5S、QC7つ道具、シックスシグマまでの品質管理の知識を持った 当社のエンジニアがサポート可能です。